社会100ラウンド|中学受験|新百合ヶ丘・あざみ野・神奈川|アクセス




トップページ  >>  アクセス   >>  社会100ラウンド

社会100ラウンド(中学受験用 社会科一行問題集)

社会100ラウンド 社会100ラウンド

特長1 ラウンド形式の一行問題集

★社会科の三分野、地理・歴史・公民について、1ラウンド10問ずつ、一問一答形式の一行問題があります。ラウンドをこなすというやり方で子供達は達成感を持って学習にのぞめます。

★地理分野はさらに、地方別地理と産業別地理があります。「例1」をご覧ください。地方別地理の問題の場合には見開きの左のページに問題文があります。「例2」をご覧ください。右ページには、それに対応した地図が載せてあります。

★1日でこなすラウンド数を決めて(3ラウンドなど)、毎日、決められたラウンドをこなしていくようにします。

★一行問題集ですので、ラウンドを消化するのに、多くの時間を必要としません。入試まで効率よく、社会科の基礎力の定着をはかれます。

特長2 繰り返しの学習による基礎力の徹底

★地理分野100ラウンド、歴史分野106ラウンド、公民分野40ラウンドで構成されています。1ラウンド10問という事は、例えば地理分野では1000問の問題数になりますが、1000個の知識を問うているわけではありません。重要な事項につては、聞き方を変えて何度か出題しています。

「例3」をご覧ください。「例3」の第38ラウンドの⑦番では、京葉工業地域で製鉄業がさかんな都市を2ヶ所質問しています。解答は、千葉市と君津市です。次に「例4」をご覧ください。「例4」の第75ラウンドの⑨では、千葉市と君津市でさかんな工業について質問しています。解答は製鉄業となります。このように、聞き方を変えて、同じ事がらを何度か繰り返しながら、基本が徹底できるようになっています。歴史分野、公民分野でも同じように重要事項については、繰り返し出題されています。

★入試までのさらなる繰り返し。「社会科100ラウンド」1冊を入試までに2回、3回と解いてください。公民分野の最後のラウンドが終わったら、再び、地理分野の最初のラウンドへ戻り、入試までに、「社会科100ラウンド」を2回、3回とこなしてください。入試で必要な社会科の知識が確かなものになっていくはずです。問題を解くノートなどに、あらかじめチェック欄を設けるなどしておくと、2回、3回と進んだときに、把握していない知識や苦手な分野の確認が出来、最後の追い込みに役立つでしょう。

★ラウンドを進める際には、答え合わせを丁寧に行いましょう。また、漢字で書けなかっ
 たところにも注意を向けてください。入試では漢字指定の問題も多く見受けられます。
 「社会科100ラウンド」の進め方は、裏表紙にも載せてありますので、参考にしてくだ
 さい。

訂正

100ラウンド(第13刷)に以下の訂正があります。

 101ページ【第40ラウンド】
誤 ⑩ ①のうち、・摩(鹿児島県)を支配したのは、何氏か答えなさい。
正 ⑩ ①のうち、薩摩(鹿児島県)を支配したのは、何氏か答えなさい。

 110ページ【第58ラウンド】
誤 ⑤ ・摩藩士が、横浜で、行列を横切ったイギリス人を殺傷した出来事を何というか答えなさい。
正 ⑤ 薩摩藩士が、横浜で、行列を横切ったイギリス人を殺傷した出来事を何というか答えなさい。

 110ページ【第58ラウンド】
誤 ⑧ ・摩藩と長州藩による同盟(・長連合)を成功させた人物の名前を答えなさい。
正 ⑧ 薩摩藩と長州藩による同盟(薩長連合)を成功させた人物の名前を答えなさい。 

 171ページ【58R】
誤 ⑥ ・英戦争
正 ⑥ 薩英戦争

 172ページ【63R】
誤  ⑩ ・飾北斎
正  ⑩ 葛飾北斎

 172ページ【68R】
誤 ⑤ ・摩藩、長州藩
正 ⑤ 薩摩藩、長州藩

  174ページ【87R】
誤 ⑥ 5%
正 ⑥ 8%

 178ページ【23R】  
誤 ⑩ 5%
正 ⑩ 8%

以上、訂正いたします。

 

 

180ページ・B5版・1500円(+消費税)
有隣堂横浜西口店・有隣堂新百合ヶ丘店
有隣堂たまプラーザテラス店
丸善丸の内本店・ジュンク堂池袋本店
紀伊國屋書店新宿本店・
三省堂成城店・三省堂神保町本店
アクセス各教室窓口で好評発売中。

通販も承ります。(送料別途) こちらまでご連絡ください。折り返しご連絡差し上げます。
ご質問等は、お気軽にお問い合わせ下さい。

アクセス新百合ヶ丘校 044-969-3969
アクセスあざみ野校 045-905-1871